エアドロップの便利な使い方

iPhoneのユーザー同士で非常に便利に使えるのがAirDropのサービス。これは一昔前によく使われていた赤外線送信のような機能であり、無線でデータを飛ばし合うことができます。近年ではiPhoneだけでなくApple製品同士であれば使えるようになったのでパソコンとスマホでやり取りすることもできるようになりました。写真やメッセージを飛ばし合ったり、連絡先を交換したりするときにも役立ちます。特にiPhoneの連絡先画面には、「連絡先を送信」というボタンがあり、これを押すだけで近くのiPhoneに自分の連絡先を送ることができるのです。そのほかウェブページ、データ、動画などを送ることもできます。

やり方はとても簡単であり、送る側が送り先を指定し、受信する側はエアドロップをオンにするだけ。最初にWi-FiとBluetoothを設定しておけば、すぐに接続できます。また受信する人も制限できるので、勝手に送られてくることはありません。

AirDropで送った写真は、そのままカメラロールに保存されるのも嬉しいところ。メールでのやり取りやメッセージのやり取りでは保存する手間がありますが、それを省くことができるので、効率化につながります。iPhoneユーザー同士であればこうした機能をすぐに使うことができるので、データの共有という面でじつに大きなメリットがあるというわけです。